So-net無料ブログ作成
検索選択

<裁判員裁判>強盗致傷「指示」の男懲役9年 東京地裁判決(毎日新聞)

 2件の強盗致傷罪に問われた住所不定、無職、久保松幸被告(56)の裁判員裁判で、東京地裁(大善文男裁判長)は14日、懲役9年(求刑・懲役12年)の判決を言い渡した。捜査段階で被告の指示を認めていた実行役の男が法廷で「自分一人でやった」と証言したが、判決は取り調べの様子を録画したDVDなどを基に「捜査段階の供述は具体的で信用できる」と判断した。

 実行役として別の裁判員裁判で懲役7年が確定した大越(おおごえ)充宏受刑者(49)は、証人出廷した9日の公判で「一人でやった」と捜査段階の供述を翻した。判決は、大越受刑者の取り調べ録画DVDについて「被告の指示を落ち着いて述べている」と指摘。供述調書の信用性を高めると判断し、法廷証言は「信用できない」と結論付けた。

 会見した裁判員の男性は「無罪主張で心理的なプレッシャーが大きかった。できればもうやりたくない」と話した。【伊藤直孝】

【関連ニュース
裁判員裁判:女性裁判員が評議に不満 京都
裁判員裁判:窃盗などの被告に一部無罪判決 東京地裁支部
裁判員裁判:強盗致傷の男が供述翻す 難しい判断に 東京
裁判員裁判:「全国初」有罪確定受刑者に賠償命令
殺人再現実験:捜査員が振り落とされ役 スタントマン断念

地域医療貢献加算、3割が届け出―日医レセ調査4月分(医療介護CBニュース)
飼い主の“愛”が伝わる猫砂選び(Business Media 誠)
<菅首相会見>その1「政治の役割は最少不幸の社会を作ること」(毎日新聞)
「肉食系女子」は「恋人との時間が大事」(産経新聞)
<毎日新聞世論調査>菅内閣の支持率が66%の高率に(毎日新聞)

国と市が控訴=国道2号騒音訴訟―広島(時事通信)

 広島市内を走る国道2号高架道路の延伸・拡幅工事をめぐり、沿道住民らが工事と道路使用の差し止め、損害賠償を求めた訴訟で、国と広島市は3日、計約2160万円を支払うよう命じた広島地裁判決を不服として控訴した。
 国土交通省中国地方整備局の石川雄一道路部長は「環境基準を満たす原告に賠償を容認しており控訴した。引き続き沿道環境の改善に最善を尽くす」などとするコメントを発表した。 

【関連ニュース
沿道住民への賠償命じる=差し止めは棄却

ニュージーランドでは「世界最速の英雄」 「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(産経新聞)
民主・辻議員、検察審事務局に接触=陸山会事件への影響は否定(時事通信)
<青木ケ原樹海>09年、自殺者減少 発見・保護数は増える(毎日新聞)
【新・関西笑談】サッカーに乾杯(4)元日本代表FW 西澤明訓さん(産経新聞)
「頑張った」「罷免当然」遊説の福島氏に静岡市民(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。