So-net無料ブログ作成

孤独死対策の予算新設で秋に協議会設立―神奈川県(医療介護CBニュース)

 神奈川県は、一人暮らしで誰にも看取られない「孤独死」を防止するため、孤独死対策の事業を推進する予算を来年度に新たに設ける方向で検討に入った。今夏をめどに、複数の県営住宅で実態調査を兼ねたモデル事業を実施。秋には、モデル事業ごとに関係する自治体の職員や民生委員などから成る協議会を設け、具体的な孤独死防止事業の計画を詰める。

 今年度は、地域支援事業など既存の予算範囲内で孤独死対策事業を推進。高齢化が進んでいる大規模な県営住宅で高齢者の安否を確認する「見守り活動」などに関心のある自治体を数か所抽出し、モデル事業を実施する自治体として指定する。見守り活動などは、民生委員や老人ホームのボランティアなどに協力を求める方針。独居高齢者の個人情報については、本人の同意を得た上で、見守り活動の参加者に開示する。

 一部の県営住宅では、周辺住民に独居老人の異変をサイレンで知らせる装置の設置などが進んでいる。ただ、県は「ハードの設置だけでは不十分。ハードの設置や見守り活動を拒絶する独居高齢者も多い。独居高齢者が支援を求めやすい地域支援ネットワークを構築することが必要」(高齢福祉課)としている。

 秋に設置される協議会では、こうした地域支援ネットワークづくりの具体的な手法などについて、地域の社会福祉協議会も含め、他の自治体の先進事例や有識者などの意見を収集。新たに予算が必要な孤独死対策の手法について洗い出すとみられる。


【関連記事】
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市
「老老介護」5324人、「孤立」2734人―東京都世田谷区が高齢者の実態調査
「自作短歌を掲載」で独居高齢者の被害急増
高齢者の孤独死対策、支援内容の判断基準を策定―栃木県

首相「政治資金、資料提出は必要ない」 党首討論(産経新聞)
老人虐待の疑い、宇都宮シルバーホームに立ち入り調査―宇都宮市(医療介護CBニュース)
大型連休中の外遊見送り=鳩山首相、「普天間」に専念(時事通信)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
<円山動物園>ヒグマ館オープン 雌の「とわ」人気 北海道(毎日新聞)

<チリ大地震>中部沿岸部で津波4時間以上 早大調査で確認(毎日新聞)

 2月末のチリ大地震の際、同国中部の沿岸部で局所的に4時間以上津波が繰り返し押し寄せたことを、早稲田大の柴山知也教授(海岸工学)らが現地調査で確認した。津波が海岸線付近の浅い海域で反射を繰り返したことが原因という。14日、早大で記者会見した。

 柴山教授らは今月2〜11日、震源に近いチリ中部の沿岸で津波被害を調査した。大きな被害が出たコンスティトゥシオン南方の港町ジーコでは約4時間にわたって津波が押し寄せた。その間に最大約6メートルを含む大きな津波が計3回観測されたほか、その最後の津波が町を最も破壊したとの証言があった。他の町でも規模と周期は異なるものの津波が4時間以上続いていた。

 津波は浅い海域の深さ約35キロ地点を震源とする地震で発生した。津波が海岸で反射した後も拡散することなく反射を繰り返したのは、海底の傾斜が緩い大陸棚が発達した沿岸の地形的な特徴によるという。柴山教授は「国内でも津波は連続して起きうる。特に港湾内では顕著に反射を繰り返す。第1波が小さいからといって第2波も小さいとは限らず注意が必要だ」と警告する。【八田浩輔】

【関連ニュース】
チリ津波:地上職員避難で旅客機が立ち往生 仙台空港で
チリ大地震:津波に6割避難せず…内閣府など調査
ユネスコ:耐震補強法を世界で共有 情報網を構築
チリ津波:気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査
気象庁:チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」

<八王子2人殺傷>無期を懲役30年に減刑 東京高裁(毎日新聞)
<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)
<事業仕分け>川端文科相が枝野刷新相に苦言(毎日新聞)
中国青海省の地震、邦人被害の情報なし=平野官房長官(時事通信)
<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)

3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響−気象庁(時事通信)

 気象庁は14日、3月の世界の月平均気温(速報値)は平年より0.44度高く、0.43度高かった2002年を上回って1891年の統計開始以来最も高かったと発表した。日本は0.56度高く、統計開始以降25番目の高さだった。
 同庁によると、陸域ではアフリカ北部から西・南アジアにかけての地域と米国北部からカナダにかけての地域および南米が、また海面水温は熱帯域ほぼ全域で、それぞれ平年より高かった。
 要因として、温室効果ガスの濃度増加に伴う地球温暖化や、現在発生中のエルニーニョ現象の影響が考えられるとしている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
温暖化対策、すれ違い=中国副主任と会談
技術協力へ連携強化=温暖化対策で中国高官と会談
原発推進の利点強調=新政権初の原子力白書
林業再生へ鳩山首相が意欲=菅原文太氏ら招き意見交換

地域医療強化、4年で4兆円=自民(時事通信)
シスメックス: 血中循環がん細胞検出技術の臨床的有用性の検証に向け、国立がんセンターと共同研究を開始
<サッカーW杯>登録以外の若手帯同へ 岡田監督
北九州市を警察庁長官が視察=工藤会対策で捜査員激励(時事通信)
「偽札の捜査中」点検するふり、バッグ盗む(読売新聞)

がん対策提案書を長妻厚労相に提出―対策推進協(医療介護CBニュース)

 厚生労働省のがん対策推進協議会の垣添忠生会長(日本対がん協会会長)は4月9日、同協議会で取りまとめた「2011年度がん対策に向けた提案書」を長妻昭厚労相に手渡した。長妻厚労相は「提案書をよく読んで、必要な対策を検討したい」と応じた。提案書では、「予算」「診療報酬」「制度」の3つの側面から、計140本の推奨施策を提案している。

 提案書では、がん対策を進めるには「予算」「診療報酬」「制度」の3つの側面にわたって横断的に変革する必要があると指摘。「予算」では都道府県がん対策実施計画推進基金の設置など74本、「診療報酬」では質の高いがん医療への評価など29本、「制度」ではがん対策基本法の改正など37本の施策を提案している。


【関連記事】
2011年度のがん対策に向けた提案書を了承
がんの情報提供、「上から目線」から「患者目線」へ
「院内がん登録」予後調査に「特段の配慮を」−厚労省・がん対策推進室
基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会
「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。

病腎移植、6日に3例目実施 宇和島徳洲会病院(産経新聞)
中国が拘束・収監、薬物犯罪の日本人30人(読売新聞)
<掘り出しニュース>カメ甲羅干し…前へ〜ならえ(毎日新聞)
今後チャレンジしたい運動は「ウォーキング」(産経新聞)
やせ細る兵士 北朝鮮の現実 9日、都内で写真展(産経新聞)

<訃報>藤井黎さん79歳=元仙台市長(毎日新聞)

 藤井黎さん79歳(ふじい・はじむ=元仙台市長)4日、病気のため死去。葬儀の日程は未定。自宅は仙台市泉区松陵3の21の4。

 93年から3期、仙台市長。全国市長会副会長、東北大講師なども務めた。病気療養のため3月4日から入院していた。

ドライブレコーダー 全都営バスに導入へ(産経新聞)
闇サイトに「ネットハンター」=潜入捜査、違法行為を摘発−専従班設置へ・警視庁(時事通信)
<ネット選挙>ヤフーなど7社が解禁求め7万人の署名提出(毎日新聞)
<北九州社長殺害>頭を殴られ絶命後に火 司法解剖の結果(毎日新聞)
<母子加算訴訟>解決へ国と基本合意(毎日新聞)

写楽の傑作、35年ぶりにオークションに(産経新聞)

 競売大手サザビーズは6月、パリで開催されるアジア美術オークションに、江戸の浮世絵師、東洲斎写楽(生没年未詳)の最高傑作の一つ、「市川鰕(えび)蔵(ぞう) 竹村定(さだ)之(の)進(しん)」(1794−95)を出品する。

 同社によると、当時の人気歌舞伎俳優、市川鰕蔵ふんする竹村定之進を描いた同作品は、初刷りが判明しているだけ20点近く。東京国立博物館や大英博物館にも所蔵されている。サザビーズジャパンでは「下部も色もきれいに残っている。個人コレクションとして大切に保管され、状態が特別にいい」と太鼓判で、予想落札価格は「約3千万−4千万円超」とみている。

 作品は、寛政6(1794)年に江戸の河原崎座で上演された「恋(こい)女(にょう)房(ぼう)染(そめ)分(わけ)手(た)綱(づな)」で竹村定之進を演じる鰕蔵の、当時のブロマイドにあたる。不義の罪に落ちた娘の助命嘆願のため、舞台で切腹する能役者の役で、太いまゆなどに悲壮感が表現されているという。

 来歴は、19世紀末にパリで浮世絵売買を通じてジャポニズム普及に寄与した美術商、林忠正からフランス人日本美術収集家アンリ・ヴェヴェールに渡り、1974年のサザビーズオークションで売買。同社は現在の所有者を明らかにしていないが、日本で保管されているという。

【関連記事】
スーパーマン初登場誌に過去最高1億4千万円 バットマンの記録抜く
英との友好、書簡で願う ヒトラー、競売で100万円
ペレ氏寄贈のサイン入りユニホーム競売 チリ復興支援へ
40億円超も?「青の時代」のピカソの秀作競売へ
関係者激白「隠し資産ある」 堀江氏宅で“競売”のワケ
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米(時事通信)
<東京・丸ノ内線>35分ストップ、朝の足4万人に影響(毎日新聞)
ホワイトビーチ案「中止させたい」=うるま市民ら、鳩山首相に直訴へ−普天間移設(時事通信)
<国東半島>「峰入り行」始まる 天台宗の僧侶ら(毎日新聞)
たばこ増税で6割が「禁煙」決意!?(産経新聞)

鳩山首相 記者会見をフリー記者らに開放 40人が出席(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の記者会見が26日、フリーランスやネットメディアなどの記者にも開放して首相官邸で行われた。日本雑誌協会などの会員社の所属記者や、外国記者登録証保持者、各メディアに一定の記事の提供実績があるフリー記者らが対象で、フリー記者6人など43人が事前登録し、約40人が出席した。

 約1時間の会見では14問の質問があったが、うち4問が会見を主催する内閣記者会以外の国内のフリー記者らから。大半は「首相主催の会見を開く考えはないか」「他省庁の会見もオープンにする考えはないか」などといった記者会見に関する内容だった。これに対し鳩山首相は「検討する」などと答えた。会見の様子はネットを通じて動画中継された。

 会見の開放を求めていたフリー記者の上杉隆氏は「世界中のジャーナリストに代わってお礼申し上げたい」と首相に感謝したが、「質問はありません」と質問しなかった。

 鳩山政権は閣僚会見のオープン化を進めており、岡田克也外相と原口一博総務相の会見には一定の要件を満たした記者であれば原則として参加が可能。亀井静香金融・郵政担当相と枝野幸男行政刷新担当相は雑誌、フリーらを主な対象にした会見を実施している。小沢鋭仁環境相も4月から行う予定だ。【影山哲也、篠原成行、合田月美】

【関連ニュース】
鳩山首相:「郵政」閣僚懇での協議を指示
鳩山首相:水俣病犠牲者の慰霊式出席「前向きに検討」
参院選:首相議長に初の政権公約会議開催へ 政府・民主党
亀井担当相:郵政改革案「首相が了承したから発表した」
郵政改革:鳩山首相「なお議論必要」、修正の可能性示唆

唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選(医療介護CBニュース)
普天間移設、複数案提示へ=徳之島移転案も検討−鳩山首相、関係閣僚と協議(時事通信)
幹部公務員83人が退職勧奨に応じる 鳩山政権発足後今月12日までに(産経新聞)
<三菱重工>株主代表訴訟の和解成立 橋梁談合事件で損害(毎日新聞)
<茨城死体遺棄>容疑の男2人を逮捕 交際巡りトラブル(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。